2011年8月12日金曜日

通学路点検を行う

8月12日。通学路のカラー化に向けて通学路の点検を行いました。北名古屋市は小学校が10校ありますが、範囲が広いため通学路全域にカラー化を進めるにあたり、ある程度カラー化する基準を決めてその中でも優先度の高いものから始めなければなりません。今日はかねてから通学路についてご意見をうかがっているM教頭先生にも同行いただき、危険箇所など状況説明を受けながら、1路線を点検して回りました。通学路の中には必ず都合良く集合場所が確保されているとは限りません。そのため仕方なく横断歩道の無い道路を横断させる箇所もあります。要するに車に都合良く道路はできている訳です。そうした中をいかに安全に子どもたちを登校させるか、先生、お母さんたちは毎日が緊張の連続です。カラーの路面標示をすることによって通常よりも手前で減速意識をもち運転者も余裕を持った運転ができます。理想は通学路が独立した歩道であることですが、現実の道路環境は厳しいものがあります。しかし通学路はカラーですよと認識が浸透した時に常に歩行者を意識するようになれば通学路の事故も減らすことができるのではないでしょうか。焼けるような照り返しの中を同行していただいたM教頭先生大変お世話になりました!

0 件のコメント: